医師求人、看護師求人、薬剤師求人 をはじめ医療人材ならパーソナルアシスト

マニュアル

歯科衛生士あるある・裏話・職業病【業務中・オフ日のエピソード】

歯科衛生士の業務中あるある

歯科衛生士の午前最後の枠ではお腹が鳴りがち

午前の最後の診療枠になると、歯科衛生士のお腹が鳴りがちです。患者さんの治療中にお腹がグーグー鳴るのは、ちょっと恥ずかしい瞬間ですね。

マスクで隠れるから顔の上半分だけメイクする歯科衛生士

歯科衛生士はマスクを着用しているため、顔の上半分だけメイクすることが多いです。でも、患者さんにはきちんとプロフェッショナルな印象を与えるため、目元のメイクは欠かしません。

歯科衛生士は昼休みのブラッシングにも手を抜かない

歯科衛生士は歯の健康を大切にするため、昼休みにもちゃんと歯を磨きます。患者さんにアドバイスする以上、自分も実践しないといけませんからね。

歯科衛生士のオフの日あるある

歯科衛生士のオフの日は街で患者さんに会わないように警戒する

歯科衛生士はオフの日でも街で患者さんに会うことがあるため、ちょっとした外出でも警戒しています。プライベートな時間でもプロフェッショナルな態度を保ちたいですね。

歯科衛生士は歯ブラシのCMに反応してしまう

歯科衛生士は歯の健康に敏感なため、歯ブラシのCMを見るとつい反応してしまいます。「あの歯ブラシ、実際どうなのかな?」と考えてしまうことも。

歯科衛生士は家族や彼氏の歯ブラシを自分好みにしがち

歯科衛生士は歯の健康を重視するため、家族や彼氏の歯ブラシを自分好みにカスタマイズすることがあります。歯科衛生士のプロ意識ですね。

歯科衛生士は初対面なのに歯の悩みを相談されがち

歯科衛生士は歯の専門家として信頼されているため、初対面の人でも歯の悩みを相談されることがあります。「ちょっとプライベートな話なんだけど…」と始まる会話も。

歯科衛生士が「DH」と言うと、「指名打者?」って言われる

歯科衛生士が「DH」と言うと、周囲から「指名打者?」と聞かれることがあります。この略語は、野球の試合で使われる「Designated Hitter」のことを指していますが、歯科衛生士の場合は違います。彼らは歯の健康を守るプロフェッショナルであり、患者さんの口腔ケアに専念しているのです。

まとめ

歯科衛生士の日常やオフの日には、さまざまなエピソードがありますね。プロフェッショナルな仕事とプライベートな時間をうまく調和させることが大切です。歯科衛生士の皆さん、お疲れ様です!