医師求人、看護師求人、薬剤師求人 をはじめ医療人材ならパーソナルアシスト

マニュアル

やるせナース(看護師関連コラム)

ワガママではすまされない!看護師への「カスハラ」実態

看護師向け転職エージェント比較サイトを運営するSOKKIN(東京都新宿区)が、看護師が受けた患者からのカスタマーハラスメント(カスハラ)について調査を実施し、その結果を発表しました。調査は、2024年5月、現役看護師を対象に、インターネット上で行われました。

看護師の「カスハラ」実態

調査によると、「患者との関わりで困った経験はありますか?」という質問に対し、「ある」と回答した人が97%という結果でした。具体的にどのようなことに困ったかをたずねたところ、「ワガママがひどい・言うことを聞いてくれない」が最も多く、次いで「認知症患者の対応という結果でした。他にも「個人的に連絡先を聞かれる」などの回答も多く見られました。

看護師への「カスハラ」エピソード

さまざまなコメントが寄せられました。

  • 「こちらの言うことは全く聞かないが医者の言うことは聞く」(30代男性)
  • 「食事持ち込み禁止の患者のパンをたまたま2回連続で冷蔵庫から見つけてしまったのでドクター報告のために事情聴取と注意をしたら怒鳴られ保健所に通報された。その責任として出勤停止にされ、退職に追い込まれた」(30代女性)
  • 「ワガママな患者は安静制限や食事制限を守らない、大部屋で遅くまで大声で話すなど注意してもきいてくれず、強く出れないのをいいことにやりたい放題だった」(40代女性)
  • 「ホテルと勘違いしているのか安静度フリーの患者からのテレビのリモコン取ってなどのナースコールなど、整形外科で働いているのでリハビリも兼ねて動くこと説明してもめんどくさいと言われた」(20代女性)

暴力やハラスメントも

さらに「患者から暴力やハラスメントを受けたことはありますか?」という質問をしたところ、79%が「ある」と回答しました。身体的暴力を受けたことがある看護師は全体の61%に上り最も多い結果でした。

患者から暴力やハラスメントを受けた人に具体的なエピソードを聞いたところ、看護師への「カスハラ(カスタマーハラスメント)」の実態がわかるコメントが多く寄せられました。

  • 「トイレに行きたいというのでベッドから起こそうとしたら、患者さんに『痛い』と言われて叩かれた」(50代女性)
  • 「入院に納得できない男性患者が帰宅を訴えて暴れてしまい殴る、蹴るなどの暴行にあった」(30代男性)
  • 「アルコール依存症の患者にアルコールをかけられた」(30代女性)
  • 「バイタル測定しようとしたら、いきなり何するんやと怒られて、顔や体を2,3発殴られた」(20代女性)
  • 「治療拒否の患者さんからの、看護師に対する『医者がいないと何もできない』『頭が悪い』等の一方的な暴言があった」(30代女性)
  • 「患者が突然4万文字のレポートを作成してきて、フィードバックを要求してきた。業務の範疇外であると伝えると、料金に見合った一流のサービスを提供しろと怒り口調で言われた」(40代女性)
  • 「胸を触られたり、添い寝しようなど性的に不快な言葉をあびせられた」(30代女性)
  • 「もう少し肉をつけた方がいいだの体型に関して行ってくる人が多かった」(40代女性)

対応の改善への必要性

調査を行った「SOKKIN」は、「今回の調査で、回答した約8割の看護師が患者からのカスハラを受けており、そのうちの半数以上の方が、被害に関して適切な措置をとられていないという事がわかりました。また職場で行われているカスハラに対する取り組みの調査で、マニュアル作成など形式上の対策はとられているものの、実際に相談したら取り合ってもらえない等の意見が多く見られ、今後医療現場でのカスハラに対する対応の改善の余地が明らかになりました」と指摘しています。

この問題に対して、適切な対策を講じることが重要です。看護師の健康と安全を守るために、職場環境の改善や適切な教育プログラムの実施などが求められています。

伊東市の新たな一歩 家事代行サービスで広がる看護師と介護の可能性

伊東市で始まった家事代行サービスは、看護師と介護の新しい地平を開きます。アレスファーマインターナショナルが提供するこのサービスは、地域の高齢者や忙しい母親を支援し、介護タクシーの限界を超えた多様なニーズに応えることを目指しています。地元のキャストが家事や子どもの送迎を代行し、住みやすい伊東市を実現するための安倍翼事業本部長のビジョンを紹介します。

伊東市の新家事代行サービスの概要

伊東市でPCR検査会場を運営していたアレスファーマインターナショナルが、家事代行業を市内全域で開始しました。介護保険サービス外の掃除や買い物など、地域の高齢者や母親を支援するサービスを提供します。これにより、市民の声に応え、介護タクシーの限界を超えた多様なニーズに対応することが可能になります。

「トキドキファミリー」の役割とサービス内容

事務所「トキドキファミリー」は、地元の40~60代の男女キャストを通じて、家事や子どもの送迎などを代行します。これにより、忙しい日々を送る家族にとって、大きな助けとなることでしょう。安倍翼事業本部長は、ヘルスケア領域で不足しているサービスを補うことで、住みやすい伊東市の実現を目指しています。

もちろんです。以下に、看護師の役割に焦点を当てた記事の一部を作成しました:

看護師の新たな役割:家事代行サービスとの連携

伊東市の新しい家事代行サービスは、看護師にとっても新たな役割を提供しています。従来の医療現場や介護施設での業務に加え、看護師は家庭での健康管理や予防ケアにも関わるようになります。このサービスを通じて、看護師は高齢者の日常生活を支え、病気の予防や健康維持を促進することができるのです。

在宅ケアの拡大と看護師の役割

家事代行サービスは、在宅ケアの需要が高まる中で、看護師の役割を拡大しています。看護師は、家庭訪問を通じて、患者の健康状態をチェックし、必要に応じて医療機関との連携を図ります。また、日々の生活の中で健康に良い習慣を取り入れるアドバイスを提供することも重要な業務となっています。

地域社会との連携

看護師は、地域社会と密接に連携し、家事代行サービスの提供を通じて、地域の健康を支える重要な役割を担っています。地域の高齢者や障害を持つ方々、または子育て中の母親など、さまざまなニーズに応じたサポートを提供することで、地域全体の生活の質を向上させることができます。

このように、伊東市の家事代行サービスは、看護師にとっても新しいチャレンジとなり、地域社会における健康管理の新しい形を創出しています。看護師の専門性を生かしたサービスが、これからの地域社会の健康と福祉に大きく貢献することでしょう。

サービス利用方法と問い合わせ

サービスに関する問い合わせは、トキドキファミリーへ平日午前9時から午後6時まで可能です。利用者は、必要なサービスを選択し、簡単に予約することができます。これにより、利用者は自分の生活に合わせた柔軟なサポートを受けることができます。

まとめ

伊東市の新家事代行サービスは、地域社会における看護師と介護の役割を再定義し、市民の生活を豊かにするための新たな選択肢を提供しています。このサービスは、地域のニーズに応え、日々の生活をサポートすることで、住みやすい環境を作り出すことを目指しています。

Z世代新人ナースとのコミュニケーション術

Z世代の特徴を理解して、プリセプターとの接し方を考えよう

Z世代の特徴①:何でもさらっとこなす能力を持つ新人看護師との接し方を考えよう

Z世代の新人看護師は技術に精通しており、スマートフォンやSNSを自在に使いこなします。彼らとのコミュニケーションには以下のポイントを意識しましょう。

  • オープンマインドでアプローチ: 新しいアイデアや技術に対してオープンマインドで接することが大切です。彼らのスキルを尊重し、共同で学び合いましょう。

Z世代の特徴②:現実主義で、嫌なことは避ける新人看護師との適切な指導方法を考えよう

Z世代の新人看護師は現実主義者であり、効率的な方法を好みます。以下のアプローチで指導しましょう。

  • 具体的なタスク指示: はっきりとした指示を出すことで、彼らが効率的に仕事を進められるようサポートしましょう。

Z世代の特徴③:SNS上で感情を表現する新人看護師とのコミュニケーションをとろう

Z世代はSNSを活用して感情を表現します。以下のアプローチでコミュニケーションをとりましょう。

  • フィードバックを公開: 彼らがSNSで感情を表現している場合、肯定的なフィードバックを公開することでモチベーションを高めましょう。

新人看護師へのNG言動を避けるためのシチュエーション別アプローチを考えよう

業務中に質問されて不機嫌になる新人看護師への対応方法を考えよう

  • 冷静に対応: 業務中に質問されても冷静に対応し、適切なアドバイスを提供しましょう。

休憩中にプライベートな話を聞こうとすることの適切な対応方法を考えよう

  • プライベートな話題を避ける: 休憩中はプライベートな話題を避け、仕事以外のことに興味を持たないよう心掛けましょう。

新人看護師を急かすことのリスクと適切な対応方法を考えよう

  • 理解とサポート: 新人看護師が急かされることでストレスを感じる場合、理解を示し、サポートを提供しましょう。

Z世代の新人看護師と円滑なコミュニケーションをとるためのポイントを押さえよう

Z世代の新人看護師と円滑なコミュニケーションをとるためのポイントを押さえよう

Z世代の新人看護師と円滑なコミュニケーションをとるためには、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

  1. アクティブリスニング: 患者や他のスタッフと話す際に、相手の話を注意深く聞くことが大切です。アクティブリスニングを行い、相手の意見や感情に共感しましょう。
  2. 尊重と信頼: 新人看護師は経験が浅いため、先輩看護師や患者からの指導を受けることが多いです。尊重と信頼を築くことで、円滑なコミュニケーションが図れます。
  3. 適切な言葉選び: 看護師同士や患者とのコミュニケーションでは、適切な言葉選びが重要です。専門用語を避け、わかりやすく説明することを心がけましょう。
  4. フィードバックの受け入れ: 新人看護師は成長段階にあるため、フィードバックを受け入れる姿勢が求められます。建設的な意見を受け入れ、改善に努めましょう。
  5. チームワーク: 看護師はチームで働くことが多いため、協力とチームワークが重要です。他のスタッフと連携し、患者のケアを円滑に進めましょう。

これらのポイントを意識して、新人看護師としてスムーズなコミュニケーションを築っていってくださいね。

国立大牟田病院の事件にみる医療現場とセクハラの問題

医療現場でのセクハラは、患者の尊厳を侵害し、医療従事者と患者の信頼関係を根底から揺るがす深刻な問題です。国立大牟田病院で発生した事件は、この問題がいかに現実のものであるかを示しています。

国立大牟田病院のセクハラ事件について

国立大牟田病院で発生したセクハラ事件は、医療現場における倫理観の欠如という深刻な問題を浮き彫りにしました。以下は、事件の詳細です。

2023年12月、福岡県大牟田市にある国立病院機構大牟田病院で、看護師と介護士の男性5人が、身体的な障害などがある入院患者11人に対して性的虐待を行っていたことが発覚しました。被害者は男女6人で、このうち自治体が虐待があったと認定したのは6人です。

事件は、患者からの訴えによって明らかになりました。患者は「男性介護士から下半身を触られた」と病院に報告し、病院が院内で聞き取り調査を行った結果、虐待が疑われる行為が発覚しました。報告された虐待行為には、就寝中に下半身をもんだり、胸付近を触ったりするなどが含まれていました。被害者の中には、国指定の難病である筋ジストロフィーを患っており、体が動かしにくい患者も含まれていたと報じられています。

この事件は、医療現場におけるセクハラや性的虐待が、患者の身体的および精神的健康に及ぼす影響を考える上で、重要な事例となっています。医療機関は、患者の安全と尊厳を守るために、従業員の教育と監視体制を強化する必要があることを示しています。

川崎雅之院長のコメント

川崎雅之院長は、「深くおわび申し上げる。外部専門家から構成される第三者委員会を立ち上げ、徹底した対策を講じる」とのコメントを出し、病院としての責任を認めています。

医療機関における患者の立場

医療現場では、患者は最も脆弱な立場にあります。彼らは治療とケアを求めており、その信頼が裏切られることは許されません。患者は病気や怪我で弱っており、医療従事者に依存しています。この依存関係が悪用されることは、患者の人権を著しく侵害する行為です。

性的虐待が横行する医療現場の実態

性的虐待は、医療現場においても残念ながら存在しています。このような行為は、医療の品質を低下させ、患者の心身に深刻な影響を及ぼします。

医療現場における性的虐待のデータ

医療現場における性的虐待の統計データは、その性質上、非常にデリケートであり、正確な数値を得ることが困難です。しかし、いくつかの報告によると、性的虐待は医療現場でも発生しており、深刻な問題となっています。

例えば、厚生労働省が実施した調査研究報告書では、子どもの性被害に関する全国調査の結果が含まれており、子どもの性被害が複雑かつ多様な実態を有していることが示されています。また、UNFPA Tokyoの報告によると、5人に1人の女性が子どもの時に性的虐待を受けているとされています。

さらに、LGBTQに関する医療福祉調査では、LGBTQの約7割、トランスジェンダー男性・女性の約8割が、医療サービスを利用した際にセクシュアリティに関連した困難を経験していることが明らかになっています。

これらのデータは、医療現場における性的虐待が決して稀な出来事ではなく、多くの人々が影響を受けていることを示しています。医療機関は、このような虐待を防ぐための対策を講じ、患者の安全と尊厳を守ることが求められています。

まとめ

国立大牟田病院での事件は、医療現場におけるセクハラの問題を浮き彫りにしました。医療従事者と患者の信頼関係を守るためには、教育と監視の強化が不可欠です。患者の安全と尊厳を守るために、私たち一人一人が意識を高め、行動を起こすことが求められています。

男性看護師のメリットは?職場での悩み事も解説

看護師という職業は、長らく女性が多数を占めてきましたが、最近では男性看護師の需要が高まっています。この記事では、男性看護師が直面する現状と、彼らが職場にもたらす変化、キャリアアップのメリット、そして直面する悩みについて解説します。

男性看護師の職場での需要と現状とは?

男性看護師の転職市場における需要とは?

医療現場での男性看護師の需要は年々増加しており、特に重労働が伴う部門や夜勤が多い職場では、その体力を生かした活躍が期待されています。

男性看護師が活躍する診療科や外来の特徴

男性看護師は、救急医療や精神科、リハビリテーション科など、体力を要する診療科で特に重宝されています。また、男性患者からの信頼も厚く、男性特有の健康問題に対する理解も深いです。

男性看護師の存在がもたらす職場の変化とは?

男性看護師の導入による職場環境の変化

男性看護師の増加は、チーム内の多様性を促進し、職場のコミュニケーションスタイルや問題解決のアプローチに新たな視点をもたらします。

男性看護師が力を発揮できる業務

重い患者の移動、急患対応、精神的なサポートなど、男性看護師は多岐にわたる業務でその強みを活かすことができます。

男性看護師のキャリアアップにおけるメリットとは?

男性看護師は管理職への昇進が早い傾向にあり、リーダーシップを発揮する機会も多くなります。また患者や同僚からの信頼を築くことで、チームワークの向上や患者ケアの質の向上に貢献します。

男性看護師が直面する悩みとは?

男性看護師が抱える課題

性別による役割の期待や偏見に直面することがありますが、これを乗り越えることで職場での立場を確立します。経済的には家庭において重要な立場である場合の収入や、家族との時間の確保は、男性看護師にとって大きな悩みです。さらには女性患者との適切な距離感を保つことは、男性看護師にとって繊細なスキルが求められる部分です。

まとめ

男性看護師は、医療現場において重要な役割を果たしており、その需要は今後も高まることが予想されます。彼らは職場に多様性をもたらし、患者ケアの質を向上させる一方で、特有の悩みに直面しています。これらの課題を理解し、サポートすることが、より良い医療環境を作る鍵となります。

適切なナース服の選び方とは?サイズに注意して失敗しないようにしよう

看護師が適切なナース服を選ぶことは、日々の業務において快適さと機能性を保つために非常に重要です。サイズ選びに失敗しないためのポイントをご紹介します。

ナース服のサイズを測る方法とは?

ナース服を選ぶ際には、まず自分の体のサイズを正確に知ることが大切です。正しいサイズのナース服は、動きやすさと見た目の良さを両立させます。

ナース服のサイズで注意するポイント

体にぴったりフィットするナース服は、プロフェッショナルな印象を与えます。ただし、動きやすさも重要なので、適度な余裕を持たせましょう。またスリムな印象を与えるナース服は、体のラインを美しく見せることができます。適切なサイズ感で選びましょう。ナース服のサイズを選ぶ際には、肩幅、アームホール、バスト、ウエスト、ヒップの各部分のバランスを考慮することが重要です。以下のポイントに注意してください。

肩幅

肩幅はナース服のフィット感に大きく影響します。肩の端から端までの長さを測り、動きやすいサイズを選びましょう。

アームホール

アームホールは腕の動きを制限しないように適切な大きさが必要です。腕を上げた時に窮屈さを感じないサイズを選びましょう。二の腕が気になる場合は、袖の長さやデザインに工夫がされたナース服を選びましょう。

バストサイズ

バストサイズは呼吸を妨げないように余裕を持たせることが大切です。バストの最も出っ張った部分を測りましょう。

ウエスト

ウエストサイズは、快適さと見た目のバランスを取るために重要です。自然な姿勢でウエストを測り、適切なサイズを選びましょう。また背を高く見せるためには、ウエストラインを高めに設定したナース服を選ぶと良いでしょう。

ヒップサイズ

ヒップサイズは、ナース服の全体的なフィット感に影響します。ヒップの最も広い部分を測り、適切なサイズを選びましょう。下半身をカバーするナース服は、ヒップラインを美しく見せることができます。適切なサイズ感で選びましょう。また足を長く見せるためには、裾の形状に工夫がされたナース服を選ぶと良いでしょう。

まとめ

適切なサイズのナース服を選ぶことで、快適な着心地と動きやすさを実現し、プロフェッショナルな印象を与えることができます。サイズのポイントを押さえ、自分に合ったナース服を見つけましょう。おしゃれを楽しむためには、自分の体型に合ったナース服を選ぶことが大切です。サイズ感に注意して、快適で機能的なナース服を選びましょう。

公立病院の看護師の退職願望

公立病院で働く看護師の約8割が職場を辞めたいと考えているという衝撃的な調査結果が明らかになりました。このブログでは、その背景と労働環境の現状について掘り下げていきます。

調査について

調査は、自治体の職員などで作る労働組合の自治労=全日本自治団体労働組合が行い、全国の公立病院で働く看護師や臨床検査技師など1万184人から回答がありました

看護師の退職願望の背景

新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが「5類」に移行した後も、公立病院で働く看護師たちの間で人員不足と業務過多が続いています。これが看護師たちの退職願望の高まりにつながっているとされています。

退職を考える理由

多忙な業務、人員不足、賃金への不満が主な退職理由として挙げられています。特に「業務が多忙」を理由に挙げた人が最も多く、看護師たちの過酷な労働環境が浮き彫りになっています。

労働組合の分析

労働組合は、新型コロナ関連補助金の減額による病院経営の悪化や、人件費の抑制が状況を深刻化させていると分析しています。また、うつ症状を訴える看護師も多く、医療現場の精神的負担の大きさが伺えます。

まとめ

公立病院の看護師たちの退職願望が高まっている現状は、医療現場の人員不足と業務過多が原因であることを示しています。医療従事者の労働環境改善が急務であることが、この調査結果からも明らかです。

看護師の「五月病」働き方で対策を

五月病は、新年度のストレスや環境の変化によって生じる心身の不調を指します。特に看護師の方々は、重労働と感情労働の両方を経験するため、五月病になりやすい職業の一つです。この記事では、五月病対策としての新しい働き方を紹介します。

「五月病」看護師の新しい働き方:元気が出る転職案を紹介!

五月病に悩む看護師の方々に向けて、新しい働き方として「バックアップナース」や「業務委託」といった選択肢を提案します。

短期契約「バックアップナース」という働き方

「バックアップナース」とは、短期間だけ特定の医療機関で働くことを指します。この働き方は、自分のライフスタイルに合わせて勤務地や期間を選べる柔軟性が魅力です。

バックアップナースは、自由な勤務スタイルを求める看護師に最適です。短期間で多様な経験を積むことができ、スキルアップにも繋がります。

「バックアップナース」のデメリット

バックアップナースは、自由な勤務スタイルを求める看護師に最適である一方で、継続した安定収入や福利厚生が得られにくいという欠点もあります。

業務委託契約のもと単発で働く

業務委託契約に基づいて働くことも、五月病対策の一つです。派遣では、長期間同じ場所で働くことも、短期間で複数の場所を経験することも可能です。

単発で働く利点

単発のお仕事は、勤務地や期間を自由に選べるだけでなく、高時給で働くことが多いです。また、様々な医療機関で自分の専門性を活かしながら、様々な職場で働くことができるため、キャリアアップにも有利です。一日単位でも働くことができるため、プライベートの時間を大切にしたい看護師におすすめです。自分の都合に合わせて働けるため、ライフワークバランスを重視する人に適しています。

まとめ

五月病に悩む看護師の方々には、「バックアップナース」、「業務委託」といった新しい働き方が有効です。これらの働き方は、自分のライフスタイルに合わせて柔軟に働くことができ、五月病の予防と対策に役立ちます。

看護師のお仕事情報/東京都江東区(砂町小学校)

看護師のお仕事情報/東京都江東区(砂町小学校)

東京都江東区は、医療的ケアが必要な子供たちを支援する小学校で看護師を求めています。この地域での看護師の役割は、子供たちの健康を守り、安全な環境を提供することです。

東京都江東区砂町の情報

江東区砂町は、砂町銀座商店街が有名です。この商店街は、全長670mにわたり約180の店舗が並び、地域の人々の生活に根ざした人情味あふれる場所として知られています。また、砂町はかつて東京府南葛飾郡に存在した町であり、現在の北砂、南砂、新砂、東砂にあたる地域です。

アクセス方法としては、東京メトロ東西線東陽町駅から都営バスで約12分北砂2丁目下車すぐ、または都営新宿線西大島駅より都営バス北砂2丁目下車すぐとなっています。砂町エリアは、昔ながらのふれあいと人情味、温かさが感じられる地域として、多くの人に親しまれています。

江東区砂町小学校の情報

江東区立砂町小学校は、東京都江東区北砂に位置する公立の小学校です。明治24年に開校し、長い歴史を持つ学校として地域社会に根ざしています。学校は、自彊不息(じきょうふそく)の精神を大切にし、子供たちに自ら努力し続ける力を育む教育を行っています。

学校の所在地は、〒136-0073 東京都江東区北砂4丁目13-23で、連絡先は公式ウェブサイトに記載されています。学校の詳細情報や最新のお知らせは、江東区立砂町小学校の公式ウェブサイトで確認することができます。

江東区砂町小学校の看護師募集情報

現在、江東区砂町小学校では、経験豊富な看護師を積極的に募集しており、子供たちの健康管理に貢献できるチャンスです。
仕事内容
医療的ケアを必要とする園児・児童・生徒に対する看護業務
①インシュリン注射、血糖値測定及びその後の処置・たんの吸引・導尿・経管栄養など(いずれも主治医の指示書に基づいて行い、上記以外の医療的ケアを必要とする園児・児童・生徒については、その都度打ち合わせあり)
②入校(園)後、従事に先立ち、校長・施設長等管理職と必要な情報を共有・交換してから、その後業務を行う。(当日の医療的ケアの内容、当日の児童等の状況、保護者からの引継ぎ事項など)
③緊急を要する事態が生じた場合は校長・施設長等管理職に報告し、必要に応じて医療機関へ搬送するための手配や付添を行う。
※その他、協議の上取り決めた業務を含む
勤務先
東京都江東区砂町小学校(東京都江東区北砂4丁目13-23) 

まとめ

江東区砂町小学校は、子供たちの健康を支える看護師を求めており、医療的ケアに携わることで、地域社会に貢献することができます。

この看護職に関する応募・問合せは、株式会社パーソナルアシストに連絡してください。
                 詳細はこちら

看護師のお仕事情報/東京都江東区(江東きっずクラブ豊洲)

看護師のお仕事情報/東京都江東区(江東きっずクラブで医療的ケア)

東京都江東区は、医療的ケアが必要な子供たちを支援する学童クラブで看護師を求めています。この地域での看護師の役割は、子供たちの健康を守り、安全な環境を提供することです。

東京都江東区の統計情報

江東区は、子供たちの健康と教育に力を入れている地域です。特に豊洲地域は、ファミリー層が多く、放課後や夏休みなどに、こどもたちが安心して過ごすことのできる居場所を提供しています。
また江東区が運営する「江東きっずクラブ」は、全児童向けで自主的な学びの場・遊びの場を提供する「A登録」と、保護者が就労等により日中家庭にいない世帯の児童を対象に生活の場を提供する「B登録」「土曜江東きっずクラブ」があります。

東京都江東区豊洲へのアクセス

豊洲は、東京メトロ有楽町線や新交通ゆりかもめなど、複数の交通手段でアクセス可能です。これにより、通勤や訪問が容易になっています。

江東区豊洲・江東きっずクラブ豊洲(B登録)の情報

江東きっずクラブ豊洲(豊洲4-4-4(豊洲小学校内))は、子供たちの健康を第一に考えた活動を展開しており、看護師には必要とする子供たちの医療的ケアが求められます。

江東区豊洲・江東きっずクラブの看護師募集情報

現在、江東きっずクラブ(豊洲4-4-4(豊洲小学校内))では、経験豊富な看護師を積極的に募集しており、子供たちの健康管理に貢献できるチャンスです。
仕事内容
医療的ケアを必要とする園児・児童・生徒に対する看護業務
①インシュリン注射、血糖値測定及びその後の処置・たんの吸引・導尿・経管栄養など(いずれも主治医の指示書に基づいて行い、上記以外の医療的ケアを必要とする園児・児童・生徒については、その都度打ち合わせあり)
②入校(園)後、従事に先立ち、校長・施設長等管理職と必要な情報を共有・交換してから、その後業務を行う。(当日の医療的ケアの内容、当日の児童等の状況、保護者からの引継ぎ事項など)
③緊急を要する事態が生じた場合は校長・施設長等管理職に報告し、必要に応じて医療機関へ搬送するための手配や付添を行う。
※その他、協議の上取り決めた業務を含む

まとめ

江東きっずクラブ豊洲は、子供たちの健康を支える看護師を求めており、医療的ケアに携わることで、地域社会に貢献することができます。

この看護職に関する応募・問合せは、株式会社パーソナルアシストに連絡してください。
                 詳細はこちら