医師求人、看護師求人、薬剤師求人 をはじめ医療人材ならパーソナルアシスト

マニュアル

診療看護師(NP)とはどんな資格?米国のNurse Practitioner(ナース・プラクティショナー)との違いは?

診療看護師(NP)とは、高度な医療行為を行うことができる看護の専門職です。米国ではNurse Practitioner(ナース・プラクティショナー)として知られ、日本の制度とは異なる点がいくつかあります。この記事では、診療看護師の役割、必要な資格、そして米国のナース・プラクティショナーとの違いについて解説します。

診療看護師(NP)の役割とは

診療看護師は、医師の指導のもと、診断や治療計画の立案など、一定の医療行為を行うことが認められています。彼らは患者の健康管理と病気の予防にも重点を置いています。

診療看護師の従事できる医療行為

診療看護師は、処方箋の発行や独立した診察など、一定の範囲で医師と同様の医療行為を行うことができます。

診療看護師に必要な実務経験

診療看護師になるためには、5年以上の看護師としての実務経験が必要です。これにより、臨床現場での知識とスキルが深まります。

診療看護師が取得する資格

診療看護師になるためには、看護師資格のような国家資格はありませんが、日本NP教育大学院協議会が認定した修士課程を修了する必要があります。

診療看護師制度と日本NP教育大学院協議会について

日本NP教育大学院協議会は平成21年10月1日に「日本NP協議会」として設立し、大学院修士課程におけるNP教育の標準化・制度化に向けた活動や社会的評価を獲得すべく活動し、平成26年3月11日には法人格を取得。「一般社団法人 日本NP教育大学院協議会」として現在に至ります。平成27年10月1日には、「特定行為に係る看護師の研修制度」が創設され、この制度を取り込む形で教育を組み立て直している。

アメリカのナースプラクティショナーと診療看護師(NP)の違い

アメリカのナースプラクティショナーは、診療看護師よりも独立した医療行為が認められており、州によっては完全に独立して診察や治療を行うことができます。

まとめ

診療看護師(NP)は、医療チームの中で重要な役割を担い、特に地域医療においてその需要は高まっています。米国のナースプラクティショナーと比較すると、日本の診療看護師は医師の指導のもとでのみ一定の医療行為を行うことができる点が異なります。